MENU

男性にだけあるペニスは、子孫繁栄のためには重要なものになりますし、排尿をするのにも必要なものになりますので、使えなくならないように大事にしなければいけません。 また性的欲求を満たすためにも欠かせないものになります。しかし大事にしたいとおもっていても、包茎になってしまうと恥ずかしくなり、女性とセックスができなくなるという男性もいるようなので、包茎手術を受けるしかなくなってしまいます。包茎手術はペニス...

赤ちゃんから2歳になるくらいの子供は、全て包茎だと言われていますが、こうした幼い子供にも包茎手術を受けさせる親がいるようですが、はっきり言って包茎手術は必要ありません。亀頭の成長や包茎による感染症を防ぐために、包茎手術を受けさせているようですが、小さいころに包茎手術を受けさせてしまうとリスクが伴ってきますので、なるべく受けさせないようにしましょう。 ペニスは20歳くらいまで成長すると言われており、...

包茎手術にはいくつもの種類が開発されています。今、もっとも一般的で、完全な状態まで改善できる可能性も高いのは、「亀頭直下法」でしょう。「完全な状態まで」というのは、手術前には仮性包茎・真性包茎・カントン包茎のいずれであっても、手術後は「勃起(ぼっき)していない時でも亀頭が露出している」という意味です。そうではない、包茎手術もあるのです。これらは「真性包茎を仮性包茎までもってくる」といった症状を軽減...

包茎の手術を受けるのはよほどの覚悟を決めた後でしょう。少なくないお金も必要になれば、様々な不安も乗り越えなければなりません。満足の行くものになって欲しいのは間違いありません。が、しばしば、そううまくは行かないのです。「傷跡に納得がいかない」「見た目が良くない」ということがあるのです。具体的には、まず、傷の跡が目立ってしまうこと。また、陰茎上の皮の一部を取り除き、離れた部分をつなぎ合わせるので、接合...

まず、頭に入れておかなければならないのが、「泌尿器科」と、「クリニックで包茎を専門にしているところ」の違いです。どちらも医療機関です。が、治療の範囲や目的が異なります。まず、「泌尿器科」の目的は治療です。体のトラブルが出た時に、正常化したり軽減するための処置をします。「病気の時に行くところ」です。「クリニック」の場合は、患者の求めに応じて、必要な医療上の措置をします。「病気でなくても行くところ」と...

包茎は医者にかかると、代表的な治療方法は外科手術になってしまいます。「普通でも血なんか見たくないのに、しかもあんな場所にメスを入れるなんて……」とためらう人も少なくないでしょう。「なんとか自力で直せる方法はないものか」と考え、「包茎矯正グッズ」と呼ばれるようなものに目を向けた人もいるかもしれません。これらのメリットとしては、@自分が包茎であることや、包茎に悩んでいることを知られにくいAたいていのグ...

包茎手術を受けたいと思ってる人の中には、手術によって感度が低下しないかと心配している人もいます。実際のところはどうなのか、今回詳しく調べてみました。包茎手術による感度低下を心配してる方は、ぜひここを最後まで読んでおいてください。・包茎手術には感度低下という後遺症がある包茎手術を受けることによって感度が低下するんじゃないかと心配している男性もおられるかもしれません。これについてははっきりと、包茎手術...

包茎手術後にはいくつかの後遺症が起きることもあります。例えば、ツートンカラーやペリカン変形はその代表格といっていいでしょう。今回はこうした後遺症が見せる特長と対処法について紹介します。・包茎手術後に起きるツートンカラーとはなにか包茎手術後に起きる後遺症の一つとして、ツートンカラーと呼ばれるものがあります。ツートンカラーとは、文字通り二つの違う色がマッチングしていることです。包茎の場合でいえば、包皮...

残念ながら、包茎手術の傷跡は完ぺきにはなくすことはできません。それだけに、執刀医のスキルは大事です。もうひとつ、「包茎手術ならでは」ということでは、執刀医に「デザイン力」があるか・ないかのチェックも欠かせません。「デザイン力」とは、「手術した後のペニスの状態をどうするか」というプランを立てる能力をいいます。包茎手術を受ける人はもちろん、「できることならば、手術したことがあまりわからないような仕上が...

包茎手術には何種類もあって、もちろん、包茎の度合いに合わせて選択されます。また、「どのくらいまで症状を軽くするか」といったことでも変わってきます。本当に軽度の仮性包茎であれば、まったくメスを使わない方法がとられることもあります。1.背面切開法真性包茎を仮性包茎まで持って行く時の手術方法です。まず、亀頭と包皮の癒着がある場合、先にこれをはがします。次に、陰茎体(さおの部分)の先端近くの包皮をタテに切...

包茎手術は、最も手っ取り早くやるところでは、初めて訪れた当日に、カウンセリング・手術前の診察から、手術の本番までと、全部済ませてしまうことも可能です。実際にそうする人でも、泌尿器科・包茎クリニックに行く前には、インターネットなどで、いくつかもところを比較し、候補にしたクリニックのホームページなどは穴の空くほど眺めたことでしょう。ですが、正直いって、こういったやり方はおすすめできません。ネット上だけ...

勘違いしやすい話が広まっています......包茎手術ができるのは、泌尿器科と包茎クリニック(包茎手術専門クリニック)のふたつがあります。泌尿器科では治療目的の医療が行われています。健康保険が利くので手術代も安いです。一方の包茎クリニックは、女性の場合の美容外科に当たります。健康保険が効かないものの、仕上がりの美しさまできっちりと考えてた手術をしてもらえます。......といったものです。実はそうは...

包茎の人には早漏が多いと言われています。あまり関係が無いように思えますが、どういったメカニズムがあるのでしょうか。包茎の人が早漏になりやすい理由と、その改善方法をみていきましょう。・包茎の人は亀頭が敏感そもそも包茎とは、包皮が亀頭をすっぽりと覆ってしまっている状態を指します。そうすると必然的に亀頭は外的刺激に晒される機会が減り、敏感になってしまうのです。包茎の人が性行為を行うと、普段は露出していな...

包茎の種類はいくつかありますが、中でも深刻なものが真性包茎です。これは包皮が亀頭まで覆ってしまっているため、不衛生かつ性行為にも支障をきたします。クリニックで手術を受けることも可能ですが、やはり身体にメスを入れるのは怖いと思う方も居るのではないでしょうか。真性包茎に対して高い効果を発揮してくれる器具についてご紹介しましょう。・真性包茎とは何なのか器具の紹介に入る前に、まずは真性包茎とは何なのかを詳...

包茎に悩む男性がまず考えることは、矯正および外科手術による治療です。しかし、どちらにも相応のリスクがあり、行う前から知っておかなければ思わぬトラブルを招く原因にもなりえます。矯正器具を使う場合と、外科手術を行う場合のリスクと注意のポイントをそれぞれまとめてみました。・矯正器具にもリスクはある矯正器具とは、外科手術に頼らずして包茎を矯正するための器具を指します。主にリングタイプ、下着タイプ、接着剤タ...