MENU

包茎手術を受けると性器の感度が低下することはあるの?

包茎手術を受けたいと思ってる人の中には、手術によって感度が低下しないかと心配している人もいます。
実際のところはどうなのか、今回詳しく調べてみました。
包茎手術による感度低下を心配してる方は、ぜひここを最後まで読んでおいてください。

 

・包茎手術には感度低下という後遺症がある

 

包茎手術を受けることによって感度が低下するんじゃないかと心配している男性もおられるかもしれません。
これについてははっきりと、包茎手術を受けることによって感度が低下することはあります。どんな場合でも起こるわけではありませんが、経験の浅い医師のもとで手術を受けたり、本人の状態によっては術後に感度が低下してしまうことが起こり得るのです。
ただしそうなることを防ぐ方法もあるので、それについてよく学んでおくことが大切です。これから包茎手術を受ける方はぜひ、包茎手術で感度が落ちないようにする方法についてチェックしておきましょう。

 

・感度が低下すると性生活に影響がでる

 

人によっては包茎手術で感度が低下しても構わないと考える人もいるかもしれませんが、それは性生活を楽しむ予定がない人に限ってのことです。
これからもパートナーと性生活を楽んでいきたいと考える男性であれば、包茎手術による感度低下を軽視することはできません。
なぜなら、感度が低下してしまうと、性行為による恍惚感が得られなくなるからです。そして恍惚感が得られなければ性生活を十分に楽しむことはできません。
ですから包茎手術を受ける男性はなるくべく、感度低下の副作用が避けられるよう努力しなければなりません。

 

・経験豊富な医師を選ぶことで感度低下を避ける

 

包茎手術で感度を低下させないためには、経験豊富な医師を選ぶことが必要です。なぜなら、経験の浅い医師に手術を依頼すると、誤って性感帯の集まっている部分を切除してしまったりするからです。その点、経験豊富な執刀医であれば安全で確実です。
医者の技量を見抜くのは簡単ではありませんが、これまでの実績や評判、カウンセリングでの説明の仕方などから、ある程度の経験値と力量を把握することができるでしょう。
いずれにしても、感度を低下させない包茎手術を行うためには、経験豊富な医師を選ぶことが必要です。

 

・感度が低下しても回復できる場合もある

 

最後に、万が一手術によって感度が低下した場合の対処法についてお伝えしたいと思います。
これは全ての人に当てはまるわけではありませんが、感度低下の後遺症が軽度であれば、陰部をマッサージすることによって感度が回復できる可能性があるということです。
しかもそのマッサージは自分でも行えるものなので、万が一手術で感度が低下したときはマッサージによる回復を試みましょう。
ただし、マッサージのやり方については担当医に相談するようにしてください。