MENU

今一番の主流の手術法

 

包茎手術にはいくつもの種類が開発されています。

 

今、もっとも一般的で、完全な状態まで改善できる可能性も高いのは、「亀頭直下法」でしょう。

 

「完全な状態まで」というのは、手術前には仮性包茎・真性包茎・カントン包茎のいずれであっても、
手術後は「勃起(ぼっき)していない時でも亀頭が露出している」という意味です。

 

そうではない、包茎手術もあるのです。これらは「真性包茎を仮性包茎までもってくる」といった症状を軽減するだけで終わってしまうのです。

 

亀頭直下法の名前は「余分になった皮をどの当たりで処理するか」から来ています。

 

亀頭の直近のところから、つまりは皮のうちで最も先端にあるところを、帯状にぐるりと切除してしまうのです。こうすれば、根元の方から伸ばしてきた分だけで、陰茎をほぼ覆うことができます。

 

また、縫合部分が亀頭の“傘状”になった部分の直近に来ます。陰に隠れる形になりあまり傷口が目立たないのです。

 

従来は、リング状のものやカップ状のものを陰茎の途中まではめ、それに合わせて、皮を切除する方法が一般的でした。中程の皮を抜くため、つなぎ合わせると、傷は陰茎の中程の目立つところに来るし、そこを境に浅い色と濃い色のツートンカラーになってしまうのです。

 

ただし、亀頭直下法ではどこにメスを入れるかなど、医師の手先の作業に頼る部分が大きくなります。つまり、奇麗に仕上がるかどうかは、医師のもつ技術次第、という面が強くなっています。

 

 

 

包茎手術のおすすめクリニック比較はこちら